治験コーディネーターの1日

治験コーディネーターの1日

実際に、治験コーディネーターとはどのような仕事なのか、1日の流れを紹介したいと思います。 勤務先によって仕事内容が異なり、勤務時間も違います。 自分のライフスタイルに合った求人情報を調べて、就職・転職活動をするようにしましょう。

今回紹介するのは、某所に勤めている治験コーディネーターの1日となります。 8:45に出勤し、朝一番にその日の業務内容を確認します。 メールをチェックし、他の治験コーディネーターと連携して業務にあたるので、情報交換を行います。

他にも事務作業をこなしているうちに、12:00頃に昼休憩となります。 この日は午後から被験者の対応の予定が入っているので、被験者の名前や人数、来院する時間を確認します。 そして、そのことを医師とスタッフに知らせて回ります。

被験者が来る前に、検査内容を確認し、検体回収の依頼をしなくてはいけないので、検査会社に連絡する必要があります。 治験薬、検査キット、被験者ファイルなど、治験に必要なものを準備していきます。

遅くても、被験者が来院する15分前には準備を終わらせておかなくてはなりません。 被験者が来院したら面談を行い、必要事項などを確認していきます。 一通り終わると、次回の来院予定などのスケジュールを調整します。 スケジュール管理も治験コーディネーターの重要な仕事です。

被験者を見送った後は、検体処理と片付けを行います。 また、採取した検体は検査会社へ出して、状況や症例の報告書を作成しなくてはなりません。

業務の結果を医師とスタッフに報告するのも治験コーディネーターの役割です。 スムーズに治験が進むように、伝え忘れがないように気をつけます。

他には捺印書類の依頼や、モニターからの伝達事項の報告なども任されることになります。 これらが終わったら、再度メールチェックを行い、書類の整理、作業日報の提出、スケジュール管理などを済ませて、1日の仕事が終わります。

勤務先が変われば、業務内容が変わってくるので、求人サイトなどである程度調べておくと、心構えができるかと思います。

↑ PAGE TOP