薬剤師過剰時代の薬剤師不足の意味

薬剤師過剰時代の薬剤師不足の意味

6年制の薬科大学があちらこちらに新設されてきました。 薬剤師の人数が増えて来た場合に、薬剤師過剰時代に突入するかもしれない。 こういった説を唱える人がいます。

しかしながら、いつの時代になっても薬剤師は不足するという風に思います。 ここでは、薬剤師がどんどん増加しても薬剤師不足が継続する理由を考えてみましょう。

答えは<求人する職場のニーズを満足してくれる薬剤師は過去も現在も未来も求人マーケットには供給不足>だからです。

「薬剤師免許を持っているだけの薬剤師」がどれだけ多くなっても、求人マーケットの需給バランスに変化は出てきません。

キチンとした能力があって社会常識を身につけた薬剤師である限りは、引く手あまた状態になるので心配することはないでしょう。

心配しなければならない薬剤師は、これまで薬剤師の名義不足を補填するために便宜上頭数を揃える目的で採用されていた無能な人で、彼らは転職も厳しくなってくると思われます。 この説明を薬剤師の転職椅子取りゲームで考えてみると理解しやすくなります。

薬剤師の仕事の椅子は100席でゲーム参加者は100名としましょう。 椅子を自分の力で確保できる能力のある人は総数の60パーセントの比率で60名の状態です。 このゲームの特徴点は椅子が全部埋まらなければならないことです。

100席の薬剤師の椅子の中で自分の能力で椅子に座れたのは60名です。 後の能力のない薬剤師も残り40席ありますから、その椅子に座ってもらえます。 こういったバランスでは誰も椅子に座れないことはなく、あぶれたりはしません。

今後、薬剤師は増えますのでゲームの参加者が150名になったと仮定します。 その中で能力があって自分で薬剤師の椅子を奪い取れる人は60パーセントと想定すると150名×0.6で90名になります。 椅子の数はさきほどと同じで100席だとしましょう。

その結果、能力がある90名の薬剤師は椅子に座ることができました。 椅子の残りは10席ですが、まだ座れていない薬剤師は150-90=60名存在しています。 残りの10席を争う薬剤師は競争率6倍になってきます。

このような構図になってきますから状況をご理解いただけるはずです。 ただ単純に薬剤師免許を持っている一体はどうなってしまうのか容易に想像できるでしょう。

薬剤師を雇う側にしてみれば、残りの10席も能力がある薬剤師に座って欲しいのが本音です。 本当の薬剤師過剰時代の薬剤師不足の意味は、このように解釈して欲しいです。

↑ PAGE TOP