薬剤師で年収1千万は可能なの?

薬剤師で年収1千万は可能なの?

「年収1千万円」というと、一般的には、かなりの高収入という印象があるのではないでしょうか。 薬剤師という職業で、年に1千万円稼ぐということは可能なのでしょうか。様々な種類がある薬剤師の業態毎に見てみましょう。

まずは調剤薬局の薬剤師です。薬局や病院と言えども、利益を上げなければ経営が立ち行かない訳ですから、そこで勤務する薬剤師も、自分の年収を上げようと思えば、必然的により多くの処方箋を処理して、薬局の利益を向上させなければなりません。

例えば、持ち込まれる処方箋に従って機械のようにスムーズに調剤を行い、内容・注意点等を患者さんに対して、好印象を持たれる態度でテキパキと説明するという、エクセレントな薬剤師になれば、年収1千万も夢ではないかも・・

しかし、現実は厳しいと言えます。調剤薬局において、1人の薬剤師が1日に処理する処方箋の上限は40枚と法律で決められているのです。加えて、1人の薬剤師が1日に処理できる処方箋は25枚前後というのが現実的な限界のようです。

それを考えると、調剤薬局の薬剤師で年収1千万というのはかなりハードルが高そうです。 次に国家公務員薬剤師はどうでしょう。結論から言うと、これは調剤薬局勤務よりも厳しそうです。

国家公務員の給与というのは法律で決められており、通常、公務員薬剤師として勤務する際の「医療職俸給表(二)」に照らしてみると、1級から7級まであるランクの最高水準でも月収は50万程度ですので、賞与を合わせても年収1千万は難しいところです。

最後に製薬会社の営業職であるMRです。営業職は、当然個人の営業成績に応じて年収はアップするので、年収1千万に最も現実味がある業態と言えます。

最近のMRは、以前より営業職は薄くなり、「医薬情報担当者」という立場で医師に対して医薬品情報を提供すると共に、その副作用の情報を集めるという業務がメインになっていますが、給与水準は依然として高いものがあります。

売り手市場の薬剤師ですが、その年収は思ったほど高くはないようです。しかし中には専門資格を持って、高収入を得ている方もいます。何事も努力が大事、ということでしょうか。

↑ PAGE TOP