薬剤師求人-治験コーディネーターに転職するには

薬剤師求人-治験コーディネーターに転職するには

薬剤師の資格を持っていると、治験コーディネーターへの転職に大変有利です。 新薬の開発には治験が不可欠です。患者さんが服用した後の経過や、副作用と効果などのデータを集めることになります。

薬に携わる仕事なので、薬剤師としての知識と経験を活かせる仕事です。治験コーディネーターになる為の資格は、法律上で定められていません。

ですが、採用する側は業務を安心して任せることができる人材がほしいので、薬剤師の資格と経験を持っている人が優遇されます。 薬剤の豊富な知識があってこそ、円滑に業務をこなすことができるからです。

現在も以前は薬剤師パートをしていたという人が、治験コーディネーターとして数多く活躍しています。 薬剤師とは違った業務ではありますが、新たな環境で挑戦したみたい人にはピッタリだと言えます。

薬剤師から治験コーディネーターになる人も多いのですが、看護師だった人のほうが大きな割合を占めています。 薬剤師よりも看護師のほうが数が多いということもありますが、看護師よりも薬剤師のほうが転職先の幅が広いという理由があるのです。

看護師は病院や診療所などの医療機関が転職先として挙げられますが、薬剤師は医療機関だけでなく、ドラッグストア、漢方、在宅薬剤師など選択肢が多いです。 このような事情で、看護師の資格を持っている人が治験コーディネーターとして数多く活躍しているというわけです。
一般社団法人 京都府薬剤師会

薬剤師にとって、治験コーディネーターになるのに越えなければいけない壁があります。 治験コーディネーターに必要とされるスキルは知識以外に、コミュニケーション能力が必要です。

患者さんに対して、服薬の指導や時には心のケアを行うことになるのですが、薬剤師の場合は今まで患者さんとコミュニケーションをとることがあまりなかったので、戸惑ってしまう人も少なくはありません。

もちろん、業務内容も薬剤師とは違ってくるので、環境に慣れるまでは大変だと思います。 大変とはいえ、知識と経験を十分に活かすことができる職業なので、力を試してみてはいかがでしょうか。

薬剤師バイトのための転職支援サイトついて

薬剤師のための転職支援サイトを利用するにあたって、大きなメリットといえば「専属のコンサルタントの存在」なのではないでしょうか?

あなたに適した求人選びかた、履歴書・職務経歴書の書き方、また面接への対策や条件の交渉など、行き届いたサービスを利用する事でこの度の転職の成功率もグッとアップするはずですね。

せっかく専属のコンサルタントがつくのですから、そのメリットを最大限に活かしましょう。 その上でまず重要になってくるのが「コンサルタントとの面談」です。転職支援サイトでは、多くの場合登録後にコンサルタントとの面談が設けられています。

コンサルタントはこの面談で、あなたの適正やスキル、キャリア、また事情や希望条件などの情報を得るのです。

これらの情報は、その後あなたへ紹介していく求人の内容に反映されていきます。つまり、この面談で出来るだけ詳しくあなたの情報を伝える事が転職成功の第一歩といえるでしょう。

コンサルタントとの面談は、事情によってはメールや電話で行われています。ですが、可能な限り実際に会って面談を行って下さい。きちんと時間を取って、あなた自身の情報をできるだけ多く伝えるようにしましょう。

転職というものを何度も経験する方は多くありません。ほとんどの転職希望者は初心者同然であり、分からない事があって当然です。

また、コンサルタントとの面談は就職活動における面接とも異なります。見栄を張って出来ない事を「出来ます」と伝える必要もありませんし、「こんな事言われても困るだろうな・・・」と気を使う必要もないのです。

また、転職支援サイトのコンサルタントはいわば“転職活動のプロフェッショナル”です。たとえあなたが初めて経験する事であっても、コンサルタントにとっては初めてではありません。

不明な点はどんどん質問するべきですし、伝えるべき条件はどんどんつたえるべきです。あなたを理解し、より適した職場へ紹介する事をコンサルタント自身も望んでいるのです。せっかく利用できるサービスですので、あなたの事を存分に理解してもらいましょう。

求められる薬剤師のタイプとは?

薬剤師の求人の多くは小・中の薬局(ドラッグストアー)です。ですので薬剤師が転職活動をするのであれば、一部の大手企業以外は小・中の薬局(ドラッグストアー)へ対してアプローチしていく事になるでしょう。

つまり、このような小・中の薬局(ドラッグストアー)が求める薬剤師のタイプを知る事でより有利に転職活動を進める事が出来るようになるのではないでしょうか。

まず、薬剤師の能力の中でも重要なポイントはどこなのでしょうか?薬剤師という職業は、薬を通して人命に関わる非常に重要な内容ですね。

当たり前の事ですが、重要なポイントの一つ目は医薬品を適切に取り扱うための能力、知識をはじめとする「技術」と言えるでしょう。

また、人命に関わる仕事である事を自覚し責任感をもつ必要がある薬剤師には「道徳性」が重要になってくるでしょう。これは二つ目のポイントです。

この二つのポイントの両方がそろっている人材は、まさに理想的な薬剤師です。小・中の薬局(ドラッグストアー)と言わず、大手企業への転職も夢ではありません。ところが、技術と道徳性を両方持った方はなかなかいませんね。

技術はあっても、責任感にかけていたり。その反対であったり。ですが、たとえ両方を持ち合わせていなくても心配いりません。小・中の薬局(ドラッグストアー)が求める人材は、じつはこの両方を持った完璧なタイプではないのです。

では、どのような薬剤師が求められているのでしょうか?意外に思われるでしょうが、「技術は低くても、道徳性の高い人材」だと言われています。

技術は教育で延ばせますが、道徳性はなかなか変える事が出来ないからです。小・中の薬局(ドラッグストアー)は「技術は低くても、道徳性の高い人材」を採用しコツコツと教育することでバランスの採れた薬剤師の育成を行っていくのです。

転職活動を行う薬剤師の方は、技術面だけではなく道徳性(モラル)のある人材である点もアピールしてみてはいかがでしょうか?

↑ PAGE TOP